みしま未来研究所

― ニュース ―

9月4日(水)トークイベント SWITCH vol.20 牧野順也さん|音楽は社会を映す ~三島から、最前衛[現代]音楽のススメ~

== SWITCH vol.20 ===

9月4日(水)19:00~20:00

会場:みしま未来研究所 多目的スペース

参加費:500円(高校生以下無料)

音楽は社会を映す
~三島から、最前衛[現代]音楽のススメ~

ゲスト:牧野 順也 さん

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

記念すべき20回目のSwitchのゲストは、世界を舞台に活躍する牧野さん。今年GWには、音楽祭MCMDを開催し、大きな反響を受けました。

 

 

オーストリアに留学時、偶然授業で聞いた、ペリオの「セクエンツァ」を聴いた時に覚えた衝撃。なぜヴァイオリニストとして、現代音楽を弾き続けるのか…。なぜ三島で現代音楽祭を開催したか…。
古来より、社会と密接に関わり、深い影響を与えてきた音楽。

その魅力を、音楽が生まれた背景を、皆さんにお伝えいただきます。

 

 

<牧野 順也 さん プロフィール>
静岡県三島市出身。3歳よりスズキ*メソードでヴァイオリンを始める。静岡県立韮山高等学校卒業。東京音楽大学卒業、オーストリア国立グラーツ音楽演劇大学卒業、International Ensemble Modern Academy Frankfurt 修了、スイス*バーゼル市立バーゼル音楽院演奏家課程修了。日本で、ヴァイオリン及び室内楽を高尾亨、三戸泰雄、齋藤真知亜の各氏に、国外ではアンケ*シッテンヘルム女史、ライナー*シュミット(ハーゲン弦楽四重奏団)の各氏に師事。その他ベルリン*フィルハーモニー管弦楽団の元コンサートマスター、サシコ*ガヴリーロフ、国際的ヴァイオリニストのアルヴィーン*アルディッティ、イリア*グリンゴルツ、ボリス*ベルキン、国際的オーボエ奏者であり作曲家のハインツ*ホリガーの各氏をはじめ様々な著名音楽家の薫陶を受ける。2014年7月、独奏者として東京オペラシティリサイタルホールにてプラハ交響楽団及びチェコ*フィルハーモニー管弦楽団のメンバーからなるパルナス弦楽五重奏団と共演、ヴィヴァルディ四季全曲を演奏し、好評を博す。2015年12月より、ウクライナの首都キエフで現代音楽祭「Kyiv Contemporary Music Days」をVice President 及び芸術監督として主催。ウクライナ国内の主要ラジオ*テレビに取り上げられ、好評を博す。2014年以降定期的に在籍しているドイツ*フランクフルトの現代音楽アンサンブル集団Ensemble Modern のメンバーをはじめヨーロッパの著名作曲家*演奏家をその音楽祭に招聘し、自身も演奏者として、2017年末までに70公演を超えるコンサートを主催*演奏する。2016年9月、独奏者として同音楽祭にてリゲティヴァイオリン協奏曲をウクライナ初演。現在はスイスのバーゼルに拠点を置き、ヨーロッパ及びウクライナで現代音楽の普及を核として活動を展開している。

http://www.junyamakino.com/

 

 

・・・スイッチ・・・

 

――出会いは物語のはじまり。このまちに来て、住んで、働いて。

今から、ここから、あなたから。

大切なヒトと幸せと楽しさのシェアをしてみませんか。

未来の物語をつむぐ“スイッチ”をーー

 

 

“スイッチ”は、あなたの紡いでく大切な物語の“起点となる出会い”や、“転機となるきっかけ”を、このまちの人たちと一緒に創っていく場所です。

 

 

※本イベントの内容は当日来られなかった皆さんにもFacebookなどを通じて共有します。写真撮影にご協力をお願いします。